【誰でもわかる】ホーニング加工の基礎知識!

HOME>オススメ情報>【素材色々】ホーニングは内径のスペシャリスト!

内径を加工するなら

金属の内径を加工する技術としてホーニング加工があります。円形研削よりも正確なので、この機会に是非知っておきましょう。ここではホーニング加工の基礎知識をまとめています。

ホーニング加工によくある質問

どのような素材が加工可能ですか?

鉄・鋳物・アルミなど様々な素材で可能です。他にも加工可能な素材がたくさんあります。

一般的に何φまで加工できますか?

基本は外径φ950mmが最大です。内径は800mm前後まで加工できます。手動加工の場合はこの限りではありません。

どんなところに使われていますか?

自動車のエンジンシリンダーの仕上げ加工に利用されています。

ホーニング

ホーニングとは

ホーニング加工は内径を仕上げるものです。簡単に言えば穴を開ける技術です。しかし、綺麗な円を金属に開けるのはかなり難しい作業です。円が少しでも歪んでしまうとそのもの自体が壊れやすくなってしまうので、内径を作りたい時にはかなり正確である必要があります。内径を作る技術として、内面研削とホーニング加工があります。内面研削とホーニング加工では正確さが違います。加工前と後で位置ずれを起こすことがホーニングではありませんので、おすすめです。しかし、ホーニング加工をするには熟練した技術が必要です。また、かなり正確である一方で穴の大きさについては工具の大きさに依存するという特徴もあります。

ホーニング加工のメリット

ホーニング加工をするメリットは稼働率が向上することにあります。生産が自動化できるので、時間短縮に繋がります。また、円の正確さが増して、数ミクロン以内の誤差で生産が可能です。また、ダイヤやCBNと組み合わせることによりコストを大幅ダウンできます。ホーニング加工の際には加工面に細かな網状の傷ができるので、潤滑油を保つことができます。そのため、自動車部品にとってはかなり効果的といえます。