化学反応で汚れを防ぐ!酸化チタンの化学反応を利用した光触媒技術とは

酸化チタンの利用方法

酸化チタンとは様々な分野で使われている素材です。「なんだか身体に悪そうだが、顧客にどう説明したらいいのだろう」「どんなメリットがあるの?」と疑問をお持ちの方の為に、酸化チタンを用いた光触媒技術について解説しています。光触媒塗料の口コミも合わせてご覧ください。

光触媒塗料の口コミ

顧客が満足していました。

光触媒塗料は以前から導入を検討していましたが、職人がようやくできるようになったので導入しました。やはり、汚れが格段につきにくくなり、顧客からかなり高評価です。

環境に配慮していることをアピール

最近では環境に配慮していることもアピールすることで、会社のイメージアップに繋がると感じて、光触媒塗料を導入しました。問い合わせをいただくことが多くなって嬉しいです。

質を選ぶお客様にぴったり

光触媒塗料は安さよりも質を選ぶお客様にはかなり合っていると思います。最近では、なんでも安ければいいという価値観からは変化してきているので、これから人気になる塗料と言えます。

資材

光触媒技術で酸化チタンが必要

光を利用して、化学反応を起こすことを光触媒技術といいます。具体的に説明すると、酸化チタンが光に当たることで酸素や水分と反応して、有害物質を変化させ無害化する事が光触媒技術です。酸化チタンは食品、化粧品など、様々な用途に使われています。最近では酸化チタンが塗料に使われることも増えてきました。その塗料は光触媒塗料と呼ばれています。

塗料としての光触媒

光触媒塗料のメリットは酸化チタンが紫外線と化学反応し、汚れを分解するという力があるからです。油汚れを分解することができ、更に、そこに雨が降ることで汚れを浮かせて、雨と一緒に洗い流すことができます。塗料を使われる場所として代表的なのが、家の外壁等ですが、メンテナンスが少なくて済みとても便利な塗料なのです。また、汚れを落とす前にも、表面に水膜ができます。それによってほこり等がつきにくくなり、汚れがそもそもつきにくいというメリットがあります。そのような光触媒塗料を作るためにも酸化チタンが重要なのです。

施工は経験が必要

酸化チタンを利用した光触媒塗料は、施工が難しいという欠点があります。なぜなら、かなり水っぽいので、たれやすく、綺麗に塗ることが難しいからです。また、乾きも遅いので、天気や気温にも左右されやすいと言えます。以前は講習が必須でしたが、最近ではどこでも扱う事ができるようになってきています。しかし、綺麗に塗る為には経験が必要なので、扱う際には経験のある職人に依頼するか、練習が必要になります。また、酸化チタンの本来の色は白です。ですので、白から離れた色を出すことは難しいとされています。希望の色がある際にはよく相談しましょう。